ゴールデンシャワーの種はジャムになる

LINEで送る
Pocket

この頃沖縄ではゴールデンシャワーが続々と開花してきました。

正式名称は「ナンバンサイカチ」というようですね。

日本では奄美群島までしか開花しないそうです。

 

ゴールデンシャワーの咲きっぷりは美しく圧倒的な存在感が目を引きます。
なんとタイの国花なんですね。

 

2年ほど前のある日、咲き終わったゴールデンシャワーの横をジョギングしていた時にゴールデンシャワーの種子らしきを見つけて拾って帰りました。
種子は細長くてとても固く、ちょっとした道具になりそうなほどしっかりとしています。

 

そんなゴールデンシャワー。

持ち帰った種子を開けてみました。

 

 

こんな棒状の硬い種

 

 

割ってみると中はこんな感じ。

 

 

 

種一粒一粒に対して大切にクッションに挟まれ、一部屋づつ割り当てられています。

素敵ですね。優しいですね。

 

 

 

 

種子は1㎝弱の大きさです。

 

そしてこの黒いのはいわゆる「部屋の壁」を集めたもの。

 

 

 

 

さてここからが本題ですが

この黒いメダルの様な仕切り壁は、果肉のような、ワックスのような物体です。

 

そして、舐めてみると。。

 

 

甘い!!

これは完全に食べ物の味です。

変なクセもなく、普通にブドウやベリー系のジャムの味です。

 

そしてかじってみると、食感は硬めのジャムといった感じでしょうか。

ジャムの原料に、という言うよりはもう、そのままクラッカーやパンでイケる感じです。

ゴールデンシャワーでジャムだなんてあまりイメージできませんが、サバイバル甘味植物として覚えておいて損はないですね。

今回はあまりジャム化して使ってみる気力はなかったですが、いつかこれを正式にジャムとして使ってみたいものです。

 

そして肝心な種。いちおう播種して発芽を試みましたが、これがなかなか出てくれません。
気温がまだ低かった頃に試したので、もしかしたら今頃ならいけるのかな。。

もっかい試してみよう。。

 

 

 

それではよい日々を

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。