洗濯機の接触不良ボタンを一瞬で直す技【故障した旧式家電を救う】

LINEで送る
Pocket




近頃、しばらく洗濯機の不調が続いていました。
が、今は快適に洗濯機を回しながら記事を書いています。

この頃は洗濯機を回す前は緊張するのが当たり前で、特に時間の余裕がなくタイミングを見計らって回そうとしているのに回らない時、発狂しそうになります。実際毎回小さく発狂していました。

近頃のタッチパネル時代から見ると従来のアナログ操作の家電ジェネレーションは「叩けば直る」時代の産物です。私も何度洗濯機をシバいたか分かりません。そんなシンプルな時代を生きてきた我々は「なんか知らないけど直る」、「どうにか頑張れば直せる」事を重々経験しています。ファミコンのカセットのフーフーとかゴシゴシですね、まさに。

しかし今回はダメです。



私の洗濯機の場合、症状は単純で、洗濯機の機能には何の関係もない、単純にボタンが気まぐれな状況に陥っただけでした。いわゆる接触不良です。
ただの接触不良で、他の機能には全く問題ありません。しかし全機能健在で五体満足であっても、その機能と僕らを繋ぐのは結局1つの小さなボタンです。そいつが接触不良を起こすだけで巨大な家電がゴミに変わる。
そんなもったいない話はありません。使い捨てる社会に反抗する私としては由々しき事です。


とは言え、日常生活はそんなキレイゴトだけでは過ごせず。壊れたと思ったら壊れてない、たまに気まぐれで作動する、ほんとに時間がない時に動いてくれない。
そんな事ではこの社会では戦えません。




はい、それでは前段を終えて本題です。

という事で叩いたり、押し方を変えてみたり、他のボタンとの相関性を試したり、コンセント抜いてみたり、もう整骨院的な処置は散々試し尽くしましたが思わしい結果には至りませんでした。

そしてもういよいよゴミ認定して次に進もうと決めました。が、しかしここに来てなお諦めの悪い私はもうどうせ捨てるのならと、思い切って切開して外科的にアプローチしてみる事にしました。


ここから洗濯機ボタンの接触不良の解消方法です。



まずこれがメーカーSHARPさんのpdfからお借りした洗濯機のパネル図です。

このスタート/一時停止ボタンが接触不良になったわけですが、まずはこのコを切開してあげます。使う道具はカッターで十分ですので、気を付けながら開けましょう。




するとこうなります。


こういうパネルタイプのボタンの中ってこうなっていたんですね。
中に白いものがありますが、この白いのが物理的に電気回路に触りにいくわけですね。




白いのをめくると下の方にいよいよ本丸が見えます。
こいつが巨大な機械をゴミへと葬る不良の超本人です。


その本丸の回路、もう一層プラスティックフィルムに守られているのでそのコも切ってあげます。




するといよいよ本丸中の本丸、らしきジグザグしたモノが。
しかしこのジグザグは露出はしてなくて、ちょっと固そうなフィルムに更にしっかりと守られています。


そこで頭をひねります。
一層目は黒い何かが付いています。そして二層目のジグザグとは直接干渉していない。そこには特に「いかにも物理的な」機構もない。
じゃあもしかして一層目の黒い四角と二層目のジグザグは静電気的な何かで反応しているのか、、と思い、何となく1と2の間にツバをつけてプイっと押してみると、、


動いた。

なんと

動いた!


「洗濯機にツバをつけて直した」「洗濯機はツバ付けときゃ直る」という文脈に非常に興奮しました。
翌日職場で自慢げに話し、その後もルンルンで洗濯機に衣類を預けようと思い、前回に習ってまたボタン類をめくって、ツバ付けて、いざ、押してみる。



動かんがな。




この前のはただのまぐれだったのかと気を落としつつもう少し深く頭をひねってみる。
静電気じゃない。
機械的な機構でもない。
ペラ一枚で隔てられていてお互いに接触しない。



!!

そこで出た答えは「磁気」でした。

モノを飛び越えて作用するのは磁気だ!と思い、早速磁石を当ててみます。
ちなみに私は普段から生活の中で磁石を多用しているので手が届く所に磁石があります。

今回使ったのは最強のネオジム磁石。






はい、お見事です。
解決しました。



一枚目の黒い四角は恐らく磁気シートだったのではないかと思います。そして僅かな磁気の絶妙な距離感によって制御されているのだと思います。あくまで素人の仮定で詳細はいろいろ間違っているかもしれませんが、磁石で作動する紛れもない現実から考えて、これは間違いなく磁気反応で作動するボタン(シーケンサー)である事は断定しても良いでしょう。
恐らく普段から電気関係に造詣が深い人なら当たり前じゃんっていう話しなのでしょうが、素人が何も知らずに洗濯機と向かいあって、やり合って、憶測して答えをはじいて解決する、というのはものすごい達成感です。


話の趣旨が逸れそうなのでこの辺にしますが、中沢進一さんのブリコラージュの話が自分の生活から感じられる事に誇りを感じます。ピンと来た人はググってみて下さい。


いやいや、何はともあれ当分動きそうなのでまだまだ使ってやろうと思います。
この記事に辿り着き、無事解決できることを祈っています。


それではこの辺で。
環境に優しい日々を

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。