沖縄の手頃な穴場「ピクニック離島ナガンヌ島」

LINEで送る
Pocket



先日ナガンヌ島に上陸してまいりました。


ナガンヌ島は那覇の泊港から就航する船に乗って渡れる、砂浜に囲まれた珊瑚礁の島です。こんな近場にこんな所があったなんて、、きっと沖縄地元民でも知らない人が結構いるんじゃないでしょうか。




泊港からなんとたったの20分程で行けてしまうのこの島は慶良間諸島の中にある慶伊瀬島を構成する3島のうちの1島だという事です。
他の2島は神山島とクエフ島。


なんといっても手近なんですね。こんな美しい砂浜の島が。
ちょいとピクニック気分で足を運ぶには最適じゃないでしょうか。



しかし私はといいますと仕事で行ったのでなんとも見苦しい、真夏の砂浜で革靴にYシャツ姿でした。ハタから見たら罰ゲームです。当然景色にも悪いし、なんといっても着ている自分が一番苦しいです。
海は真っ青。気持ちも真っ青です。


しかし場所は最高。最高の場所。

行く前は何もないからつまらないよという意見も耳にしましたが、何もないかどうかは本人次第です。ここには普段感じる事の出来ないスケールの空と海が広がっています。
売店もあるので飲食も出来ますし清潔なトイレもあります。
ですので人によっては却ってもっともっと何もなくても良いほどです。



しかも宿泊も出来るらしいんですね。ぽつぽつと並んでいる黒い小さな宿泊部屋らしきものがあります。まあまあリゾート化された島ですね。外国人観光客も結構見かけました。




まず着いて、船から島までの桟橋でテンション上がります。
桟橋のすぐ下の海がきれいすぎて底まで丸見えなんですね。
もう島まで待たずに途中の桟橋から海に飛び込んでしまう人が出てきそうなくらいです。


そこから島へ渡るとすぐ島の反対側が見えてきます。
細長い島の真ん中あたり、上陸ポイントから島に踏み込み数歩歩くともう島の反対側の海に出ます。極小のナガンヌ島は簡単に360度見渡せます。そして島の反対側にはレンタルパラソルがずらっと並んでいます。島の美しさを写真に収めたい人にとっては少々邪魔になりそうなパラソルですが、くつろいでリゾート気分を味わいたい優雅な優雅なお客さんにはなくてはならない設備です。
一切の日陰がないですからね。




那覇からサクッと行けるのにこんなにワイルド。いいですね。シャワーやトイレもあるし冷たい飲み物も飲める。軽食も。予約をすればBBQも。そんな至れり尽くされた砂浜の島です。

地元の方にとっても結構よい隠れ家になるのでは。たとえば週末行く場所が無くなってきて退屈になってきたら、こんな手頃な異空間にワープしてみるのも良いかもしれません。きっと夜なら星空を楽しむ事もできるでしょう。


あぁ、、確かに。。星空凄そう。。
よだれ出ますね。


それでは、よいトリップを

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。