カミナリ動画の撮影者、自分が打たれた瞬間を記録

LINEで送る
Pocket

立て続けにカミナリに打たれた人のニュース。

8月6日のtbs動画ニュース「試合中の投手に落雷、高校生が重体 愛知・扶桑町」という記事。高校野球部が練習中、マウント上のピッチャーを雷が襲ったようです。

このニュースを見ていた当時、ピッチャーは重体でした。しかしその後病院で亡くなられたそうで、召された彼はもとより、家族や周りの方々の気持ちを思うと残念でなりません。

しかし当時、まだ重体だった彼のニュースを見て、私は彼が回復して気がついたあとの事を想像していました。もしかして帰ってきた彼は天から何か力を授かっているかもしれない、などといろいろと考えていました。

そしてなんと同じく6日付のMirror OnlineのWatch terrifying moment man filming thunderstorm is struck by LIGHTNINGという記事。
これもまた雷に打たれた人のニュースです。

こちらはyoutubeに本人が上げた動画

これは米シアトルで野原か公園のような所を歩いていたRobb Montejanoさんという男性の方が稲光を見て、それを撮影しようと携帯電話を空に向けていた時の出来事です。ひょっとすると雷を撮影できるかもと思いカメラをまわした彼ですが、なんと彼自身に雷落ちてしまったようです。

彼曰く、

電気の波がドーンと体を抜けるのを感じたんだ。
うまく表現できないけど、電気が身体を流れ抜けたんだ。それはスゴかったよ。

だそうです。

スゴそうですね、身体を雷が抜けるなんて。
救護に当たった消防士の方曰く、彼は動揺していたものの無傷だったそうです。

一歩違えば悲しいニュースなんです。しかしこういう例もあるんです。雷はものすごいエナジーが身体を抜けていくわけですが、必ずしも死なないんですね。

電気風呂や電気療法、AED等、身体は電気信号の塊のようなもので、いろんな電気がらみの健康法のように、カミナリも何かに効いてしまう事はありえなくはないと思います。というか、必ず何かしらの変化は与えられてしまうと思います。知覚の外側でかもしれませんが。

菌打ちした椎茸の原木に電気ショックを与えると活発になり、よく出るようになります。
感電すると精子が死ぬと電気屋さんに聞いた事もあります。
脳みそも精密電子機器だとしたら、何事もなかったじゃすまないはずです。

天からの電気を受け流すわけですから、何かしらの力を得ても不思議ではありません。

とはいえど、当然打たれないように気をつけなければなりません。カミナリは案外落ちるんです。
KAKURITU HOMEPAGEさんのデータによればカミナリにうたれる確率は1/10,000,000だそうです。
いつどう自分と自然が解け合うかは天のみぞ知るですが、
どうか雷には気をつけてお過ごしください。

しかし、
いつ召されるか分からないという意識は暮らしを豊かにするはずです。日々感謝して生きていきましょう。

では良い日々を

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。